むだんで乗りまわしていた、アメリカ製の白いスポーツカー

そいつでY子を渋谷でピックアップ。

でも助手席には僕のガールフレンド!

「Y子」は狭い後部シートにすべりこむ。

さあTV局へオーディション!

アクセルを踏むと、窓からなまあたたかい風がとびこんできた。

「Y子」はその後スーパースターになり、

僕のガールフレンドはアメリカに発った。

あのころ世界は僕の外側にあったけど、

今や僕の内側からはみだしている。

32年前の初夏、渋谷のDaydreamBeliever...

同時開催 「レアブックコレクション2006」--ファッションで追う50年代〜現代--

渋谷PARCO Part1地下1FLOGOS Galleryにて、

2006年5月12日(金)--5月24日(水)*会期中無休

10:00am--9:00pm *最終日は5:00pmにて閉店

入場 無料 問い合わせ03−3496−1287(ロゴスギャラリー)

展示点数  8x10 (203mmx254mm) Color B・W 66点

2000年 Shibuya (Girls in Motion)

2006年 SHIBUYA


1972年 SHIBUYA

前回の写真展「Teach Your Children1967−1975」に引き続き、

同じようなテーマで、

「DaydreamBeliever」というモンキーズの曲のタイトルからとりました。

今回の「SHIBUYA NOW AND THEN」は、

広い意味の渋谷圏を、一視点からみた写真です。

僕は1975年のフリーになって青山、それから15年以上代官山に事務所を構えていました。

その後も、渋谷を基点とした沿線に住み、今回発表する写真は、

すべて渋谷、原宿、青山、代官山、六本木で撮ったものです。

かつて、僕が若かった頃、渋谷はさほど印象的な街ではありませんでした。

それが1973年に渋谷パルコがOPENしてからは劇的に変わりました。

そんな風な、他の街とは違う渋谷をテーマに写真を構成してみました。

渋谷とは?というより、渋谷的な気分といったことがテーマです。

●トップに意味深なTEXTを載せていますが、これは1974年にあった本当のことです。

これに関する写真は今回発表していませんが、「渋谷」を想ったとき、あの日のことがありありと浮かんだのです。

★ポストカードの写真は、M.Ariga当時キューティのモデルで、高校生でした。

そのころまだ工事中だったお台場から、

できたばかりのレインボーブリッジを背景にNUDEを撮りました

それからすっかり大人になったM嬢を渋谷の駅前で「Girls in Motion」の時に撮ったものです。

この写真は今回の写真展でも展示します。

1975 HARAJUKU


1987年 DAIKANYAMA

NEXT  (さらに写真を紹介しています)

●前回のアートフォトサイトギャラリーと同じように、今回も写真を販売いたします。

しかも、前回よりさらにリーズナブルに価格を設定しました。

オリジナルプリントを所有してみようという、実験です。

写真はすべてデジタルアーカイバルプリント。

サイズ8x10 66点。 すべてにサインとNo.1−100までのエディションナンバーが入ります。

価格は¥6,000(税別)です。 額込みで¥8,000(税別)の予定です。

★また、ほとんどの写真を購入した当日、持ち帰ることができるようにする予定です。

●写真を売ることに関して、TEXT「前衛としてのオリジナルプリント販売」(長文)

●すべての写真は、BLITZ INTERNATIONAL アートフォトサイトギャラーから購入できます。

担当 福川 03-3714-0552